【シャンプー…ではない】無添加石けんを試した結果と感想*フケは少し改善した程度だが、かゆみは日中に出なくなった。シャンプーじゃないものを無理に使ってるからかきしみはすごかった

2020年1月30日シャンプー頭皮に合うシャンプーを求めて

忙しい人・パッと見たい人向けの、無添加石けんをシャンプーとして使った場合の評価まとめ画像

フケとかゆみ(主にフケ)に長年悩まされている私が
フケとかゆみ(主にフケ)から解放されるためにさまざまなシャンプーを試し続け残している記録、

今日のはシャンプーじゃないです。シャンプーじゃない石けんで洗いました。

使った石けんはこちらです…が、その前に

この記録はどんなことを書いているの?シャンプーのことじゃないの?
普通のシャンプーの感想じゃないの?普通の感想との違いは何?
上の画像はどういうこと? 評価基準は?

という方は
先にこの記録に関する説明や、普通のシャンプーを試した結果と感想一覧をどうぞ。
頭皮に合うシャンプーを求めて*試したシャンプー一覧

 

【無添加石けん】
(むてんかせっけん)

なんで使ったのか、と問われると

気の迷い。これに尽きます。

今家にあるシャンプーではフケを防げなかったことはすでに記事にしていますが
どうしてもそれらのフケの出方で人の集まるところに行きたくなくて、どうにかできないかと悩んでいたときに

そうだ。無添加だ。

とひらめきました。
そんな流れで、戸棚の中に入れているこの石けんを手に取りました。

 

名前通り無添加石けんです。手には優しいです。
普段はハンドソープとして使っている石けんのストックを新たに出して頭に使いました。
そうしてしまうくらい、この日はフケと髪のベタつきに悩んでいました。

本当に無添加なのか気になる方もいると思いますので、成分も写真で載せておきますね。
画像をクリックorタップで拡大できます。

無添加石けん(非シャンプー)を使ってみる

使用前の頭皮の状態

悪い

家にあるシャンプーが何しても合わず、常にフケが出ています。
髪のベタつきもあり、積極的に家の外に出たくありません。

シャンプーのこと

香り:
石けんです。残り香はと言ってもいいかもしれません。
うまく洗えないと頭皮のにおいがしてくるので注意。

泡立ち:×
そもそもシャンプーではありません。
シャンプーじゃないものを無理に使おうとしてますので、泡立ちについて悩むのはよくないです。

洗い流しはものすごくきしみました。ただ洗い流すだけなのに支障があるほど。
シャンプーじゃないから当然といえば当然ですね。シャンプーじゃない石けんでいうと、台所用洗剤もきしみますし…。

洗い終えてからの様子

最初はバスリリーを使って泡立て。
泡の量の割には全然洗えなかった上に、ものすごくきしんだので
いち髪ナチュラルケアセレクトスムースを1プッシュ分使って洗い直しました。

調子が少しだけ改善されたので、その日の夜(2回目)もこれを試すことに。
洗面器の半分ほどまで泡立ててから頭に乗せて洗いました。

髪のきしみは初回よりマシになりましたが、そもそもシャンプー向きではないものを無理に使っているのもきしみの要因かと。
肝心のフケは、大荒れはしてないけど消えてはいませんでした。

2日目は1日目夜より水を増やして、洗面器を使って泡立てましたが…全然洗えた気がしなかったので追加で泡立て。
毛先にはLUXのヘアマスク、頭皮に近い部分にはマーミーラッテのコンディショナー。
ドライヤー前にかゆみはほんの少しみられましたが、ドライヤー後はちょっとむずむずするかな…程度に。

翌日はフケもかゆみも1日目と同じくらい出ていましたが、髪のきしみのほうが気になりました。
きしんでるのにベタつき感もあり、なにがなんだか…。

3日目は、2日目の様子を見ていた旦那に

二度洗いしてみたら?

と提案されたので、きめ細かい泡を洗面器の1/3~半分手前まで作って洗うのを2回繰り返しました。
シャンプーブラシは気になる部分に少しだけ。きしみすぎて通らなかったからです。
洗い流してからはヘアマスクの次にコンディショナー、洗い流さないトリートメント(オイルタイプ)も使いました。

次の日のかゆみは2日目ほどではなく、ベタついてる感じはなくなりしっとりしてました。
フケは体感できるほど減ってました。
かゆみは夜になると気になり始めましたが、日中はほとんどなし。

使ってみた感想

忙しい人・パッと見たい人向けの、無添加石けんをシャンプーとして使った場合の評価まとめ画像

夕方以降にはかゆみが気になってきましたが、フケは試す前より静まっており
きしみさえどうにかできれば緊急時ならアリだと思える結果となりました。

検証を終えてからもしばらく様子を見ていましたが、
下手に合わないシャンプーを使うくらいならこっちのほうがいいな…と思える程度にはフケとかゆみが静まっており、頭皮の状態は良好でした。

ただし、髪を洗えるほどに泡立てるには結構な労力と時間がかかることと
ヘアパックやヘアマスク・コンディショナー・洗い流さないトリートメントなどを併用しないと
髪の毛がひどくパサパサになってしまうことが難点。
フケの量は減ってるけど完全には消えてないことも注意。

髪の長さや傷み具合に関係なく、ヘアケアアイテムを併用するのを強くおすすめします。
インバス・アウトバス問わず使えるものは使ったほうがいいです。

試し終えたあと、再度バスリリーを使って泡立てて二度洗いしてみたら仕上がりが変わりました。
毛先はパサパサしているのになんだかしっとりしていて、洗えてない感というか石けんが残ってる感じが…。

私ほど切羽詰まった状態でなければ、髪というか頭に向けて作られている
無添加石けんのシャンプーを使うほうがよいと思います。

それらはまだ試したことがないので、来月あたりに試してみますね。

 

書かなくても大丈夫かな、と思ったのですが
記事内で触れているので念のため書いておきます。

この記事内では、シャンプー向けではない無添加石けんを使っております。

その流れで、記事内にて「過去に台所用洗剤を使ったことがある」と触れておりますが、台所用洗剤を使ったのはペンキを落とす時に髪に部分的に使ったのであり
シャンプーとして、頭と髪全体には使っておりません。

台所用洗剤の洗浄力はペンキをすっきり落とせるほどに強く、髪がものすごく痛むので、
台所用洗剤をシャンプーとして、頭を洗うために使うのはやめておいたほうがいいということは書き添えておきますね。

ペンキを被ったとかの用途で使うんじゃなく、普段使いをするために洗浄力の高いシャンプーを探している方には
これまでに試したものの中から、パンテーンミセラーをおすすめします。

 

\ これまでに試したシャンプー /

頭皮に合うシャンプーを求めて*試したシャンプー一覧
上の画像のリンク先で一覧にしています。