大正村のおみやげ*光秀兵糧丸・栗きんとん水饅頭

2020年の大河ドラマに明智光秀が決まってから、光秀関連の商品がすごく増え出している
岐阜県明智市の大正村浪漫亭ですが

先日書いた食べ物とはまた別のもの、
光秀兵糧丸とを栗きんとん水饅頭をおみやげでもらったので
その2つを食べた感想の記録を書いていきます。

前に食べたプリンの感想はこちら。


今回食べたうちの1つは、このプリンより変わり種でした。

おみやげを食べてみる

光秀兵糧丸

いきなり変わり種のほうから書きます。

戦国時代に、主に武士が携帯していた兵糧を再現した食べ物が
この光秀兵糧丸だそうです。
詳しくは中に入っている説明書きに書いてあります。

笹の葉のように見える飾りは

説明書きと一緒に、兵糧を包むように包んでいます。

見た目通り2種類の味があり、
片方はきな粉、黒い点々の見えるほうは黒ごま風味の味わいでした。

兵糧ってたしか硬かったなあとか考えつつ、口に入れると

硬い。

この感想しか出てこなかったほど、せんべいくらい硬いです。
まさに説明書き通りカロリーメイト。

2種類×2個で4個入りなので、
1種類ずつ食べさせてみた旦那からも硬いと言われました。
歯の都合で硬いものが食べづらい方は、水分と一緒に口に含んで柔らかくしながら食すのが安全ではないかと感じたほどの硬さでした…。

硬さ以外の感想ももちろん抱いたのですが…
きな粉の風味とごま風味、どっちが食べやすかったかというとごまだったとか
きな粉の味もごまの味も、カロリーメイトの味と同様にそんなにきつくないなと思えたくらいに
一番印象に残ったのが硬さでした。

食べたあとは、口の中が乾いて水分が欲しくなりました…。
私は手近なところにあった麦茶を飲みましたが、水の方が戦国気分をさらに味わえるかと。

武士の気分を味わえる、面白いお菓子でした。

 

栗きんとん水饅頭

2つ目は栗きんとん水饅頭。
こちらは光秀関連ではなさそうです。

手のひらより小さめで、
人によっては一口で食べられるサイズです。
私は二口でした。

食べるまでは冷蔵庫で冷やしておくよう言われたので、そうしておいたら
とてもひんやりした触感になっており
食べている間は涼しさを感じられました。

なめらかなペーストになっている栗の味は
さっぱりした外側とうまく合わさる濃さ。

 
今シーズンはもう終わってしまいましたが、
来年また販売予定だと聞きました。
時期が合えば買いたいです(*´∀`)

大正村のこと

これらを買ってきてくれたのは大正村浪漫亭という
お土産屋・カフェ・食事処が一緒になっている施設の中のお土産屋さんです。
大正村駐車場のすぐ横、バローを挟んで反対側にあります。

20年1月11日(土)に大河ドラマ館がオープン予定の
大正ロマン館とは名前は似ていますが
場所が少し離れている、違う施設です。

営業時間は浪漫亭の中でも店舗によって違うので
公式サイトで事前に確認されることをおすすめします。

住所:岐阜県恵那市明智町456番地
電話番号:0573-55-0057
HP:大正村浪漫亭 – -旧いけれど新しい- http://romantei.ena-gifu.com/

明智光秀関連の商品は、特設ページに詳しく載っています。
美味しそうなものから実用的な文具、そこまでネタに走るのか…と思うようなものまで
幅広く展開されています。