【DROAS glossy】を試した結果と感想*フケは洗い方や過ごす環境によって違いが大きく、かゆみはずっと気になっていた

シャンプー夏に試したシャンプー,新基準で評価したシャンプー(2022/5~),頭皮に合うシャンプーを求めて

新基準:忙しい人向けDROAS黄評価まとめ画像

(上の【シャンプーの評価まとめ画像】は最後にも載せてますので、使ってる様子とか読んでから見たいという方はそちらでどうぞ)

新基準シャンプー評価図の説明をするための画像

お試しサイズならパウチ1つ分、そうでないものはだいたいポンプ2プッシュ分使って
フケとかゆみに悩まされている管理人の頭の様子はどうだったかの評価です。
(記録の中で使用量の記述がない場合。違う使い方をしている場合はなるべく書き添えています)

1.画像のタイトル

2.試したシャンプーの名前と画像
名前が長かったら省略することもあります。

3.評価図
【香り】【洗い流しやすさ】【フケの量】【かゆみ】の4項目を
【-】【×】【△】【〇】【◎】の5段階で評価して、簡単なコメントも添えています。

4.香り
近年は香害という言葉もあり、シャンプーの香りも制限される職種もあることから、
【洗ってる間もそんなに強くない】 【乾いてからはほのかに香りが続いてる程度】 を最高評価の【◎】としています。
お風呂ではすごく強くても乾いたあとの香りは控えめ・残り香はあるが強くはない…【〇】
乾いたあとも強めに香る・場所によってはNGな強さ…【△】
強すぎる…【×】

5.洗い流しやすさ
洗い終わったあと、シャワーでサッと流れるかどうかの評価です。
基準は【○】 で、だいたいのシャンプーは 【◎】【〇】 です。洗い流しにくくなるほど【△】【×】 となっていきます。

6.フケの量
お風呂から出たあと~次の入浴までの間の様子を見て、
このシャンプーを使う前と比べてフケが出なくなったかどうかで判断します。
とても減った・全然出なくなった…【◎】
使う前と比べたら減ったけど、 フケはちらほらある…【〇】
使う前と比べたら同じくらい・使う前より少し増えたかも…【△】
使う前と比べて明らかに増えた・ちょっと頭皮が赤くなっている・剥がしてないと耐えられない…【×】

7.かゆみ
フケと同じく、お風呂から出たあと~次の入浴までの間の様子を見て
このシャンプーを使う前と比べてかゆみが出なくなったかどうかで判断します。
とても減った・全然かゆくなくなった…【◎】
使う前と比べたら減ったけど、かゆみは消えていない …【〇】
使う前と比べたら同じくらい・使う前より少しかゆい気がする…【△】
使う前と比べて明らかに増えた ・かゆみがすごく気になる・かきむしらないと耐えられない …【×】

なお、フケの量とかゆみには
フケorかゆみ(もしくは両方)が辛すぎて耐えられずギブアップ・赤みが広範囲・ひっかきすぎて血が見えた・我慢できなくて剥がしてるうちにかさぶたが取れた・決めた期間使いきれなかった・身内ストップが入って使用中止した
などの理由で
【-】(マイナス)・【その時に合わせた評価】
が、他の項目より多めの頻度で出てきます。

8.総合評価
4項目を中心に、その他気になった点があればそれも入れて
試したシャンプーに対して総合的な評価を出します。
【フケとかゆみ(主にフケ)が出なくなったかどうか】を重視していますので
【フケとかゆみが出なくなった】場合は、他の項目が微妙でも高めの評価
逆に【フケとかゆみが両方ひどかった】場合は、他の項目がどんなによくても低めになる傾向です。

フケとかゆみ(主にフケ)に長年悩まされている私が
フケとかゆみ(主にフケ)から解放されるためにさまざまなシャンプーを試し続け残している記録、

今日のシャンプーはこちらです。

この記録はどんなことを書いているの?
普通のシャンプーの感想じゃないの?違いは何?
上の画像はどういうこと? 評価基準は?

という方は、先にこの記録に関する説明をどうぞ。
頭皮に合うシャンプーを求めて*試したシャンプー一覧

 

【DROAS glossy shampoo】
(ドロアス グロッシー シャンプー)

DROASグロッシーのボトルを並べた写真

泥成分で美しくなるDROAS。
シャンプーとトリートメントのセットがお安くなっていたので買ってみました。

DROASシリーズは過去にも2種類試していて、

ダメージリペア(ピンク色)ではフケに対していい結果がでています。

今回試したグロッシーは、髪にツヤを出しつつまとまるツヤタイプ。
DROASはそれぞれ使われている泥の成分が違っていて、このグロッシーシャンプーはゴールドクレイの成分が使われています。

ボトルで買ったはいいけれど使い切ることができるのか不安ですが…
安く買えたとはいえできれば使い切りたいので、いろんな洗い方を試していきます。

DROAS グロッシーを使ってみる

使用前の頭皮の状態

悪い

大きいフケが時々取れます。小さくて細かいフケもあちこち出てます。
フケが出やすいポイントはだいたい出ており、特に耳周辺ではかたまりがあることも。
謎のできものや赤みも数か所出ています。

シャンプーのこと

香り:クラシックフルーティの香り

ジューシーさに少し爽やかさが混じった甘めの香りでした。

泡立ち:◎

頭の洗い流しは普通でしたが、泡立てに使った洗面器が他のシャンプーと比べるとぬるついており
しっかりこすって流さないといけなかったのが手間でした。

洗い終えてからの様子

今回は主に3パターンの洗い方を試しました。

普通に洗う(1週間くらい)

原液を2プッシュ出して、頭に乗せてシャワーで泡立てながら洗っていくやり方です。
使用前と比べると、かゆみは改善されてないけれどフケは減り
少ない手間で洗いたい時にはこれがよかったです。

手で軽く泡立ててから洗う(3日)

あんまり良くなかったので3日で変えました。
大小さまざまな大きさのフケが出てきて、すごく細かいフケが点々と…
かゆみにはDROASグロッシーを使ってる間ずっと悩まされましたが、この洗い方をしていた時が強かったです。

洗面器で泡立ててから泡だけ頭に乗せる(1週間以上、たまにやれない日あり)

頭に乗せるのは泡だけです。
少し液体が残っても頭にかけません。泡立てて、泡だけを乗せます。
シャンプーブラシはほとんど使いませんでした。

間違えてトリートメントを1プッシュ出してしまい、そのままシャンプーと混ぜて泡立てた日がありましたが…
当然ながら全然泡立たず、お風呂上がり~寝るまでの間のフケが増えてしまい、翌日も粒が細かくなりはしたけどそんなに改善せず。
もったいないとか髪が良くなるかもとか考えず諦めればよかった…と後悔しました。

その日以外は、今回試した方法の中では平均していい結果が出ました。

とても手間がかかるのでできない日もありましたが、そういう日は最初に書いた原液を乗せてシャワーで泡立てながらササっと洗ってました。
泡の量が少なかった日や、あまりしっかりと洗えなかった日は、ドライヤーで乾かす時に頭皮のニオイがしたことも…。
次の日は普段より1プッシュ多い3プッシュ出して、いっぱい泡立てて贅沢に使ってみたら気にならなくなりました。

最後に撮った写真はこちら。

DROASの黄色を使って3週間ぐらいの頭皮の様子。おでこ DROASの黄色を使って3週間くらいの頭皮の様子。耳周辺 DROASの黄色を使って3週間くらいの頭皮の様子。首と頭皮の境目

サイドの髪をかき上げた時に大粒のフケが見えましたが、おでこは良好。
前髪を触ってもフケが落ちてこないのは快適でした。
首との境目付近の赤みが使用前と変わってないですが、悪化はしてなかったです。

上から写真を撮っても

DROASの黄色を3週間ほど使ってみた頭皮の様子。上から

フケは目立たず。
量は少ないけれど、大きめのが出てくる時があるからたまに気にしなきゃいけない…って印象でした。

 

ちょっと意外だったのが、終わりがけに何日か試したシャンプーパック。
洗い終えたあと、泡を流す前に数分放置する…というものです。
今回は血が出てなかったのと荒れすぎていなかったのでやってみました。

これをやった日はフケの量が減りました。
自然乾燥と組み合わせると、お風呂上がり後のフケの発生を遅らせることができました。

DROAS グロッシーを使ってみた感想

(最初に載せていた評価まとめと同一の表です)

新基準:忙しい人向けDROAS黄評価まとめ画像

一番いいと思えた洗い方の結果で評価まとめ画像を作りましたが、洗い方によってフケの量や大きさに大きくばらつきがあり
一番悪かった洗い方(手で泡立てて洗う)では×、平均だと△でした。
かゆみはどの洗い方でも気になっていました。

どんな洗い方でもたまに調子がいい日があり、最後まで使い切れそうだと思えたのはそれが大きかったです。
使用前と比べて赤みは減ってませんが、謎のできものが消えたところもよかったです。

洗面器で泡立てた泡を使って優しく丁寧に洗ったあと、猛暑日でとても汗をかく日であればフケは目立ちにくかったので
汗で剥がれ落ちてきにくくなるこの時期だから使い切れるのかも?
逆に汗をかきにくい環境にいることが多い日にはフケが気になりました…最終日の写真のような状態でした。

髪への効果は、ちょっとでも傷み気味のところにはあまり感じられなかったです。
傷んでないところはシャンプーだけでも手触りが良いくらいですが、傷んでるところだとセットのトリートメントを使っても効果が薄く…。
傷んでる部分には追加でケアアイテムを使うほうがいいです。

 

試した中で、フケとかゆみを一番減らせた洗い方は洗面器で泡立てるやり方

  • 洗面器に出す量は3プッシュ(量の多いロングヘアの場合。髪が短い方なら2プッシュで十分かも)
  • 泡はきめ細かい~少し細かいくらいを目安に作る
  • 頭に乗せるのは泡だけ
  • 洗いは1分を目安。シャンプーブラシは使っても使わなくてもいい
  • 洗い流す前にシャンプーパック(毎日じゃなくていい。合わなかったら即やめる)
  • 洗い流しはていねいに
  • トリートメントは地肌につけない
  • ドライヤーは毛先中心に、頭皮はあまり乾かしすぎない(乾燥するとフケが出やすい私の場合)

でした。
時間も手間もかかる洗い方だから、毎日継続するのは難しいので
トリートメントの放置時間も確保できないくらいの日はシャンプーパックを真っ先に削ってました。

次のシャンプーを買ってあるのでリピート予定はないですが、
DROASシリーズはまたどこかで試してみたいです。

 

\ これまでに試したシャンプー /

頭皮に合うシャンプーを求めて*試したシャンプー一覧
上の画像のリンク先で一覧にしています。