【検証】水温でフケの出方は変わるのか*andand編

2019年6月6日

フケを減らす対策として見かけるものの1つが、
髪を洗う時の水温を変えること。
ちょうどいい温度としてだいたい39度以下、38度前後を上げられていることが多いですが
私のような、ものすごくフケに悩まされている人間にも効果があるのかどうか試してみました。

これまでにも温度を変えて試したことはありますし、一部の記録にも温度のことを書き添えた覚えがありますが
温度を変えて試すことを主とした記録を残すのはこれが初めてです。

使うシャンプーはこちら。

【andand】
(アンドアンド)

今年の5月頃に出たばかりで、
3種類ずつあるシャンプー・トリートメントの香りの組み合わせを楽しむシャンプーです。

なぜこのシャンプーで試そうと思ったかというと、
パウチの裏側に書いてあるシャンプーの成分を比べてみたら、3種類とも香料以外同じように感じられたからです。

もしも想像通りなら、香りを変えてもフケ・かゆみの出方の違いがかなり少なそうなのと
香りを変えながら水温を変えて試す・泡立て方を変えて試す・この2つのうち一番よかった結果を組み合わせて試す
…と複数の検証をしても飽きなさそうだと思い
まずは合うかどうかを試すのも兼ねて、水温を変えて試してみることにしました。

一番フケが抑えられた水温で次を試しますが、
全ての温度でフケが大発生したらこの検証のみで終了とします。
許容範囲内であれば、出る・出ないの違いが分かりやすいと考え続行します。

シャンプーを使ってみる

使用前の頭皮の状態

悪い

かゆみとフケがあり、特にフケが気になって仕方なかったです。
肌が全体的に荒れてるのかピリピリしていて、頭皮にも影響が出ている感じがあります。

シャンプーのこと

香り:ティーハーモニーの香り
『気ままに』と書かれている香りです。
公式サイトを探してみたら、ゼラニウム・ティーリーフ・プチグレンの3種類がベースの香りになっているようで。
香りはとても強いけれど、柔らかめの香りだからかそこまできつくは感じませんでしたが
人によってきつい・柔らかいの判断が分かれそうです。

泡立ち:〇

かゆみは、洗ってる最中からほんの少し気になり
トリートメントを流していた時にもむずむずしました。

 

1日目・水に近い温度のぬるま湯

1日目は、辛うじてぬるま湯と呼べる程度なほど水に近い温度でした。
そんなに暖かくない日だったので少し辛かったです…(´・ω・`)

ドライヤーをかけてる最中に結構香っていました。
トリートメント・シャンプー、どちらも比較的しっかりめな残り方をしてます。
髪の仕上がりが良好で、手触りが超つるつるサラサラです。
それだけに、翌日の夕方にはかゆみが気になってきたのがちょっと残念でした。

ちょっとでもかゆみが気になり始めると、つい頭をかきたくなってしまいますが
フケは使用前の状態よりはマシになってますので、3日間使い切ることにして
このまま様子を見ます。

2日目・40度ぐらいのお湯

夜とはいえ、初夏にこの温度は熱かったです…。
本当はこの日にぬるめのお湯にする予定でしたが、温度調整を忘れていたのでこの順番になりました。

この日はトリートメントを数分おかずに流したからか、1日目ほどの手触りではなかったです。
頭皮はなんかかゆみがあります…が、フケの量がそんなに多くないのがまだ救い。

3日目・40度よりぬるめのお湯

一番かゆみが出ました。
水寄りにならないよう温度の調整に苦労したのに、シャンプーを洗い流した直後からずっとかゆみが続きました。
『たまたま今日から肌調子が悪い時期になったのだろう』と思い込みたいくらい、前2日と違っていて
普段からフケが気になるポイントは全てかゆくなりました。

試してみた結果

あくまでも私の場合ですが、
40度ぐらいのお湯が合っていたように感じました。

良かった順に並べると、
40度ぐらいのお湯>水に近い温度のぬるま湯>40度よりぬるめのお湯
でした。

よく40度よりもぬるめのお湯がいいといわれているので、それが一番いい結果になると想像していたのですけど
逆に一番フケもかゆみも悪い結果になりました(特にかゆみ)
1月の間で肌調子が大きく変わることもあるのですが(周期に合わせてスキンケア用品を変えてる方もおられますよね)
そこよりも季節・気候の影響が大きいので
今回の場合は、水温の違いかシャンプーが合わないかの2択だと感じました。

いつものシャンプーの検証では3日目くらいで変わることが多いため、シャンプーが合わないのでは?という疑問も出てきましたが
このあとも違う香りのandandを使っていて、この翌日には1~2日目と同じ程度ののかゆみに戻っており
香料が合わなかったのでなければ、シャンプーが理由ではないと思ったので、
このままこのシャンプーで次の検証を続けています。
結果はまたこのブログに書きますね。

温度の検証も、シャンプー同様季節が変わったら結果が変わるかもしれないので
またどこかで試したいです。

 
トリートメントの感想も書いておきます。

1日目に使ったのは、はしゃぐ・ビビッドフルーツ
パウチや店頭にあった小冊子には書いてませんでしたが、公式には
パイナップル・マンゴー・スイカズラとあります。
甘いけれどどこか残りすぎないから気になって調べたのですが、パイナップルとマンゴーという組み合わせで納得しました。

2日目は思い立つ・スパイシームスクの香り。
ムスク系というと車の芳香剤に多い香りで、ああいうのを想像していましたが
あそこまでの甘さ・くどさはありませんでした。
公式にはジンジャー・シナモン・オレンジフラワー・ムスクと書いてあり
ムスクは他の要素のおかげかまろやかになっています。
ただしそもそもの香りが強いので、人によっては同じ系統に感じると思います。

3日目の香りはときめく・スウィートジャスミン。
シャンプーのティーハーモニーの香りと混ざるとジャスミンティーの香りのように思えて、組み合わせを楽しめましたが
ムスクよりもこちらのほうが甘く感じました。
公式に書いてあるカシス・ジャスミン・バニラの中で、香りが強かったのはジャスミンですが
バニラの要素が甘さを出しているのかも…?
塗っている間の甘さはムスク以上に人を選ぶかと思います。
ドライヤーをかけて乾かした後は、香りの強さが少し落ち着きました。

 
髪の手触りは、少し置いてから洗い流すとものすごくよくなりました。
初日夜の時点で、フケさえなければ買い続けたいくらい…いや、トリートメントだけでも使いたいと思ったほどです。
パウチ1つ50円なら、トリートメントを何種類かストックしてもいいかな…。
銭湯や温泉、旅行に行く時にも便利ですしね。

私にとってはですが
今回使ったティーハーモニーの香りには、スウィートジャスミンの香りが合わせやすかったです。

 
これまでに試したシャンプーは
頭皮に合うシャンプーを求めて*試したシャンプー一覧
で一覧にしています。

今回のような、いつもとはちょっと違う検証の一覧も作ってみました。
シャンプー*いろんな検証の記録